派遣の経験を生かして、保険事務の仕事に就職できました。

性別:女
年齢:27歳
住んでいる地域:千葉県
職業:事務⇒保険事務
年収 :250万 ⇒300万円
使った転職サイト:リクナビ

 

■自己紹介
現在39歳の主婦です。10年前に結婚し、今は1児の娘の母となり退社しましたが、それ以前は生協団体の保険事務を社員で務めていました。
それ以前は書店のアルバイト、コンビニエンスストアの本部の事務職のパート、派遣スタッフと定職にはつかずに転々としていました。

 

■転職の動機・きっかけ
音楽の専門学校の時、ピアノの調律の勉強をしていたので、その仕事の求人探して楽器店などを中心に就職活動していました。
しかし、既にベテランの職人がいて、よほどのことがない限りは退職することはないので、仕事をみつけるのは難しい状況。学校側のサポートは殆どなく、途方にくれていました。このままではいけないと、とりあえずは書店などのアルバイトを始めていたのですが、事実上はフリーター。親には大変申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
2年が経過すると、専門職よりも求人の多い事務職についた方がいいのではと考え始めました。それから書店のアルバイトの仕事を辞め、コンビニエンスの本部の事務職のフルタイムのパートとして勤め始めました。そこからは正社員なるまでは現状に満足はしてはいけないと、エクセル・ワードなどを勉強し、最終的には派遣会社で色々な会社の事務職をしながら、正社員の職を探していました。

 

■転職してみての感想
派遣先で傷害保険の請求の支払いのデータ入力をしていたので、保険事務の大まかな仕事の流れはわかっていたつもりでした。
ですが、実際にお客様との直接の電話応対などはしたことがなかったので、最初の半年間は自分が受け持つ商品の内容をしっかり覚えなければと、必死に通勤電車で保険の約款などやパンフレットなどを読んで、商品の勉強をしました。
会社側も定期的に講習会などに参加させてくれたり、資格をとらせてくれたりとサポートをしてくれたので、やはり派遣社員とは扱いが違うことを実感しましたし、しっかり応えようとがんばれました。

 

■転職サイトをつかってみた感想
自分が経験した生かせる職種がいいと考え、接客事務・営業補佐・保険事務などに絞って、登録していました。
求人の数も多いし、履歴書の書き方などのアドバイスもあるので、一人でも円滑に就職活動ができたと思います。

 

■これからその職種に就職したいと思っている方へアドバイス
フリーターの期間が長期になると、企業側も採用する際のデメリットになります。しかし、自分が就職したいという意思とアルバイト・パート・派遣の期間に何を学んだか、その経験が何に生かせるのか、採用者側に伝われば、就職の道は切り開けると思います。

関連ページ

20代後半。飲食店アルバイトからアパレル販売員に就職できた
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。
20代後半。コールセンターからシステム管理のヘルプデスクに就職できた
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。
飲食店アルバイトから調剤薬局事務の正社員に転職した
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。
カフェ店員からグラフィックデザイナーに転職に成功!まずは力をつけてから就職を!
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。
フリーター(池袋西武百貨店アルバイト)から大手企業の編集者へ転職に成功!
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。