20代後半。飲食店アルバイトからアパレル販売員に就職できた

性別:男

 

年齢:29歳

 

住んでいる地域:東京

 

職業:飲食店アルバイトからアパレル販売員に転職

 

年収:180万円から300万円に

 

使った転職サイト:タウンワーク

 

大学卒業後、やりたい事が定まらなくとりあえず雰囲気だけでダイニングバーでアルバイトしていました。

 

そこから求人情報誌の広告を見て現在のアパレル会社に転職。

 

元々飲食店で働いていた理由というのが、接客サービス業にやり甲斐を感じていた事と、髪型や服装に対する縛りが少なかった事です。

 

サラリーマンのようにスーツに黒髪短髪、デスクワークという職場に魅力を感じず定職を探す事も無く日々働いていました。

 

おしゃれな環境で働いていたいと仕事を続けるものの、当時のお店には正社員雇用も無くこのまま続けていても将来が不安だったため転職を考えるようになりました。

 

全く違う業種ではなく今までの経験を活かすかすことができその上おしゃれな職場というイメージで選んだのがファッション業界でした。

 

ちょうどその時に見ていた求人情報誌に数多くのファッション関係の求人が掲載されており、いくつかの会社にすぐに応募する事ができました。

 

何かを求めて御来店いただくお客様に対して期待に沿ったサービスを提供する。

 

扱う物は違いますが、接客サービス業において共通する部分は多くスムーズに新しい環境に慣れることができました。

 

試用期間があったものの一定のスピードで正社員登用にまでたどり着く事ができました。

 

この時同時に他業種への転職の大変さも少なからず感じる事ができました。

 

年齢や資格、業務スタイルが違えば慣れるまでの時間もそれぞれ違うため期間に多少なりとも差が出るのではないかと思います。

 

現在の職場には毎日たくさんの方と出会い、おしゃれをする事が仕事となり、スタッフやお客様の笑顔や感謝が行き交う空間で働くことができ転職した事に対して満足しています。
細かい違いがあるとすれば、飲食に関しては来店された時点で選んだいただいた所からのサービススタート。

 

アパレルに関しては来店いただいてもお買い物のご利用がまだ無いなかでのサービススタート。

 

サービス+営業力がポイントとなるため、より敏感にお客様のニーズなどを読み取る難しさはあると感じました。

関連ページ

20代後半。コールセンターからシステム管理のヘルプデスクに就職できた
20代後半の私でも就職できた!どうやって正社員になれたのか?を紹介しています。なかなか就職できないフリーターやニート、既卒、第二新卒の人におススメです。